企業情報 理念・ご挨拶

ホーム > 企業情報 理念・ご挨拶

私たちのあるべき姿(ビジョン)

デジタルマーケティングを支えるチームの一員として、お客様と共に働くことを標榜します。

 

企業理念・私たちの使命(ミッション)

人々のつたえたい想いを、最善の技術と専門家の能力を駆使して形にし、喜びと感動を与えることが当社の使命です。

 

代表者挨拶

ceo

私は、当社を立ち上げる以前の会社員時代に通算12年間を外資系企業(NYSE上場企業の日本法人)に勤務 していました。その時に感じたことは、外資系企業の社員から見た日本企業の製品やサービスのレベルはとても優れているにも かかわらず、日本人特有の「PR下手」や「自己主張の欠如」により、本来得られるべき利益を得られずに損をしているのではないかということでした。逆に言えば、米国企業のマーケティング活動では、並みの実力や商品力であっても、利点を積極的に大げさにアピールしています。

日本においても、大企業は、巨額な予算でテレビCMや新聞、雑誌への広告掲載を行っています。しかし、例えば、上場会社の子会社、中堅企業あるいは中小企業においては、予算が 限られていたり、デジタルメディアの企画・制作に精通した社員が少ないのが現状です。

そんな想いの中で、私は、デジタルマーケティングの実践を通じて、 自社製品のメリットを十分に伝えられていないお客様が「伝えたい」と考える、ブランドや商品価値を形にすることを通じて、事業発展のお役に立ちたいと考え、 2012年に当社を設立致しました。 現在では、創業時の主力コンテンツであったデジタルブックや電子書籍等のebook分野に加えて、映像、WEB、デザインの企画および制作事業を積極的に展開するとともに、デジタルマーケティングの運用をご提案させていただいております。

当社が特に大切にしているのは、コンテンツ制作の際に、すぐにデザインや構成に 着手するのではく、「その企業や製品・サービスの存在意義は何か」、「お客様がホントに伝えたいことは何なのか」、「言葉にできていない想いはどこにあるのか」をお客様から引き出すことです。

お客様には、それぞれの事業分野での本業があり、一方で、コンテンツ制作やデジタルマーケティングの運用経験が少ないのが一般的です。

私たちの使命は、お客様の想いを最適なコンテンツで具現化し、デジタルマーケティングの運用を通じて事業の発展に貢献することだと考えています。また、常にお客様にお役に立てる、高い品質のコンテンツの提供ができるよう、各分野の プロフェッショナルクリエーターの力を結集することに注力しております。デザインの流行だけでなく、進化の早いデバイス(パソコン、スマートフォンなど)の進化にも着目し、「ホントに必要なことは何か?」をプロフェッショナルの目で模索しながら、お客様と一緒に考える姿勢を持ち続けたいと 考えています。

これからも、人々のつたえたい想いを、最善の技術と専門家の能力を駆使して形にし、喜びと感動を与える使命の実現に邁進します。どうぞご期待ください。

株式会社 コンテンツエッジ
代表取締役 兼 シニアプロデューサー
山下剛正(やましたよしたか)